排卵を促すホルモン。黄体化ホルモン(LH)作用がある。クロミフェンやhMGを投与したのち、排卵誘発剤や黄体機能賦活剤として注射される。

排卵誘発剤の一種。基本的な構成成分は、卵胞刺激ホルモン(FSH)と、黄体化ホルモン(LH)。薬剤名は「ヒュメゴン」「パーゴナル」「パーゴグリーン」「ゴナドリール」「フェルティノームP」など。

急激で大量の黄体化ホルモン(LH)の放出のことを指す。排卵の直接的な引き金となる。LHサージから排卵までの時間は、24~40時間程度とされている。