不妊治療技術の進歩は日々続いており、特に体外受精においては発展していく余地がまだまだ多くあります。私たちは今現在の技術で満足しているわけではありません。患者様の症状やお預かりしている胚の発育経過のデータを振り返り、解析を行うことで、より良い治療を皆様に提供し、より多くの方へ良い結果として還元できるよう、日々努力を続けております。

【平成27年(2015年)】

論文発表
  • ・Time-lapse monitoring of zona pellucida-free embryos obtained through IVF: a retrospective case series. Fertility and Sterility 2015; 103(5) /Bodri D., Kato R., Kondo M., Hosomi N., Katsumata Y., Kawachiya S., Matsumoto T. https://youtu.be/uoUMncVAnhE

商業雑誌

和文

  • ・排卵抑制の目的で使用するNSAIDの胚発育へ与える影響. 産婦人科の実際 64(4): 569-574. 2015 /杉本岳, 河内谷敏, 松本恒和

学会発表

国際学会、国際シンポジウム
1)招待講演・シンポジスト発表
2)一般発表
第60回日本生殖医学会学術講演会・IFFS/JSRM International Meeting 2015(横浜)

  • ・Comparing the efficiency of natural cycle IVF versus letrozole-based minimal ovarian stimulation:a 6-year,single-center,retrospective cohort study./Sugimoto T., Bodri D., Kondo M., Kato R., Katsumata Y., Kawachiya S., Matsumoto T.
  • ・Fine-needle(22G) oocyte retrieval without anesthesia following mild IVF is a rapid intervention allowing a high turn-over of procedures:a single-center,prospective observational study/ Sugimoto T., Bodri D., Kondo M., Kato R., Katsumata Y., Kawachiya S., Matsumoto T.

31th ESHRE Annual Meeting(Lisbon, Portugal)

  • ・The influence of different oocyte insemination techniques (IVF versus ICSI) on early and late morphokinetic parameters : a retrospective study of 449 time-lapse monitored blastocysts /Kato R., Bodri D.,Sugimoto T., Jazmina Y. S., Kawachiya S., Matsumoto T.
  • ・Late (blastocyst) morphkinetic parameters are better predictors of live birth compared to early (cleavage) ones: retrospective study of 212 single blastocyst transfers following mild IVF / Bodri D.,Sugimoto T., Jazmina Y. S.,Kondo M., Kawachiya S., Matsumoto T.

国内学会
1)招待講演・シンポジスト発表
A-PART日本支部 Minimal Stimulation研究会・学術講演会2015(東京)

  • ・当院5年間の自然周期/低刺激周期体外受精の累積生産率の検討/松本恒和

2)一般発表
第56回日本卵子学会・学術講演会(宇都宮)

  • ・当院におけるZona-free卵の臨床成績/加藤龍太郎, 河内谷敏, 近藤雅恵, 杉本岳, 中野彰大, 廣澤利和, 細見尚子, 松本恒和

【平成26年(2014年)】

論文発表(英文)
  • ・Cumulative success rates following mild IVF in unselected infertile patients: a 3-year,single-centre cohort study. Reprod Biomed online.28(5); 572-581, 2014 /Bodri D., Kawachiya S., Michael De Brucker, Herman Tournaye, Kondo M., Kato R., Matsumoto T.
  • ・Age-specific drop-out rates following minimal ovarian stimulation and natural cycle IVF: analysis of a 3-year cohort involving 2876 treatment cycles from a single, Japanese center. Fertility and Sterility. 2014 ; 102(3) e59/ Kawachiya S., Bodri D., Kondo M., Kato R., Katsumata Y., Matsumoto T.
  • ・Oocyte retrieval timing based on spontaneous luteinizing hormone surge during natural cycle in vitro fertilization treatment. Fertility and Sterility. 2014 ; 101(4)/ Bodri D., Kawachiya S., Kondo M., Kato R. ,Matsumoto T.

学会発表

国際学会、国際シンポジウム
1)招待講演・シンポジスト発表
Annual Symposium on Optimal Approach to ART(上海、中国)

  • ・Non-steroidal anti-inflammatory drugs in natural cycle IVF protocols/Kawachiya S.

2)一般発表
70th ASRM Annual Meeting(Honolulu,Hawaii)

  • ・Age-specific drop-out rates following minimal ovarian stimulation and natural cycle IVF: analysis of 3-year cohort involving 2876 treatment cycles from a single, Japanese center./Kawachiya S., Bodri D., Kondo M., Kato R., Katsumata Y., Matsumoto T.

国内学会
1)招待講演・シンポジスト発表
A-PART日本支部 Minimal Stimulation研究会・学術講演会2014(東京)

  • ・NSAIDによるpremature ovulationの抑制/河内谷敏

2)一般発表
第55回日本卵子学会・学術講演会(神戸)

  • ・当院における凍結胚盤胞融解1時間後のTrophectodermの体積変化と妊娠率の関係性/加藤龍太郎, 河内谷敏, 杉本岳, 中野彰大, 増田智子, 廣澤利和, 森本菜都美, 細見尚子, 松本恒和
  • ・胚盤胞の凍結サイズおよび凍結時期が妊娠率・流産率へ及ぼす影響/杉本岳, 河内谷敏, 加藤龍太郎, 近藤雅恵, 中野彰大, 増田智子, 廣澤利和, 森本菜都美, 森敏恵, 細見尚子, 松本恒和

第32回日本受精着床学会総会・学術講演会(東京)

  • ・採卵時MⅠ期卵子の成熟後の胚発生/廣澤利和, 近藤雅恵, 加藤龍太郎, 杉本岳, 中野彰大, 増田智子, 森本菜都美, 森敏恵, 細見尚子, 河内谷敏, 松本恒和
  • ・排卵抑制の目的で使用するNSAIDsの胚発育へ与える影響/杉本岳, 河内谷敏, 加藤龍太郎, 近藤雅恵, 中野彰大, 増田智子, 廣澤利和, 森本菜都美, 森敏恵, 細見尚子, 松本恒和

第59回日本生殖医学会総会・学術講演会(東京)

  • ・NSAIDs使用周期の卵子回収からICSI完了までの経過時間が胚発育に与える影響/杉本岳, 河内谷敏, 加藤龍太郎, 近藤雅恵, 中野彰大, 廣澤利和, 森本菜都美, 森敏恵, 細見尚子, 勝股克成, 松本恒和

【平成25年(2013年)】

学会発表

国際学会、国際シンポジウム
1)招待講演・シンポジスト発表
The workshop for simple and safe assisted reproductive technology, 2013(上海, 中国)

  • ・Frozen embryo transfer protocol in Kobe Motomachi Yume Clinic/Kawachiya S.

2)一般発表
69th ASRM Annual Meeting (Boston, Massachusetts)

  • ・Reproductive potential of mature MII oocytes following natural cycle IVF/ minimal ovarian stimulation:analysis of 2876 treatment cycles from a single Japanese center /Kawachiya S., Bodri D., Kondo M., Kato R., Matsumoto T.

29th ESHRE Annual Meeting(London, United Kingdom)

  • ・Patient- and cycle-related prognostic factors affecting the outcome of mild IVF: a multivariate analysis of 2876 treatment cycles from a single centre /Kato R., Kawachiya S., Bodri D., Kondo M., Matsumoto T.

国内学会
1)招待講演
なし

2)一般発表
第58回日本生殖医学会学術講演会・総会(兵庫県神戸市 神戸国際会議場)

  • ・累積生産率による自然周期・低刺激の治療評価
    阿部崇, 福田淳一郎, 湯暁暉, 和田恵子, 谷田部典之, 篠原一朝, 勝股克成, 山崎裕行, 奥野隆, 小林保, 長田尚夫, 加藤修, 加藤恵一
  • ・ヒドロキシプロピルセルロース添加凍結保存液の有用性の検討-マウス凍結胚移植で得られた産仔の経過観察-
    森智絵美, 村田奈々, 高山優子, 薮内晶子, 勝股克成, 奥野隆, 小林保, 加藤恵一

第31回日本受精着床学会(大分県別府市 別府国際コンベンションセンター)

  • ・胚盤胞凍結保存液におけるヒドロキシプロピルセルロースの有用性
    森智絵美, 高倉啓, 薮内晶子, 村田奈々, 阿部宏之, 勝股克成, 福田淳一郎, 青野文仁, 小林保, 加藤恵一
  • ・卵胞期中期の血中FSH値とART成績の検討~tailor-made treatmentを目指して~
    福田淳一郎, 土山哲史, 阿部崇, 和田恵子, 勝股克成, 山崎裕行, 谷田部典之, 篠原一朝, 倪暁文, 湯暁暉, 奥野隆, 小林保, 長田尚夫, 加藤修, 加藤恵一
  • ・HTFのpH調整法と臨床使用成績
    水野仁二, 青野文仁, 沖村匡史, 内山一男, 福田淳一郎, 和田恵子, 勝股克成, 奥野隆, 小林保, 加藤恵一, 加藤修
  • ・マイクロスコープを用いた非開閉式観察法
    森田博文, 内山一男, 沖村匡史, 福田淳一郎, 勝股克成, 奥野隆, 小林保, 加藤恵一, 加藤修

日本産科婦人科学会第65回学術講演会(札幌市)

  • ・不妊治療のための投薬が次周期に与える影響~医原性不妊の可能性を考える~
    福田淳一郎、加藤恵一、阿部 崇、奥野 隆、勝股克成、小林 保、篠原一朝、和田恵子、竹原祐志、加藤 修

第147回 関東生殖医学会 (東京・四谷)

  • ・当院の自然周期・低刺激周期における年齢別妊娠率の検討
    阿部 崇、 湯 暁暉、土山哲史、福田淳一郎、和田恵子、矢田部典之、篠原一朝、勝股克成、山崎裕行、奥野 隆、小林 保、長田尚夫、加藤恵一、加藤 修

第54回日本卵子学会・学術講演会(東京)

  • ・Time lapse embryo monitoringによるzona-free卵のblastocystへの発育観察/加藤龍太郎, 河内谷敏, 近藤雅恵, 杉本岳, 中野彰大, 大屋智子, 森本菜都美, 森敏恵, 松本恒和

第31回日本受精着床学会総会・学術講演会(別府)

  • ・ヒアルロン酸添加移植用メディウムhyaluronan-rich transfer mediumを用いた胚移植の検討/杉本岳, 加藤龍太郎, 近藤雅恵, 中野彰大, 大屋智子, 森本菜都美, 河内谷敏, 松本恒和

第58回日本生殖医学会総会・学術講演会(神戸)

  • ・胚盤胞の凍結時期および凍結サイズにおける妊娠率への影響/杉本岳, 河内谷敏, 加藤龍太郎, 近藤雅恵, 中野彰大, 大屋智子, 森本菜都美, 近藤綾希子, 森敏恵, 細見尚子, 松本恒和
  • ・当院における凍結胚盤胞融解後の胚の体積変化率と妊娠率の関係性/加藤龍太郎, 河内谷敏, 近藤雅恵, 大屋智子, 杉本岳, 中野彰大, 廣澤利和, 森敏恵, 細見尚子, 松本恒和
  • ・当院におけるPiezo-ICSIおよびConventional-ICSIの成績/廣澤利和, 近藤雅恵, 加藤龍太郎, 杉本岳, 中野彰大, 大屋智子, 森本菜都美, 近藤綾希子, 森敏恵, 細見尚子, 河内谷敏, 松本恒和

【平成24年(2012年)】

論文発表

英文論文

  • ・Oocyte retrieval scheduling based on the occurrence of spontaneous LH surge during natural cycle IVF treatment: aretrospective analysis of 1138 cycles from a single center. Fertility and Sterility. 2012 ; 98(3) :S197-S198/Bodri D., Kawachiya S., Kato R., Matsumoto T.
  • ・Minimal ovarian stimulation combined with elective single embryo transfer policy: age-specific results of a large, single-centre, Japanese cohort. Reproductive Biology and Endocrinology.2012; 10 :35 /Kato K., Takehara Y., Segawa T., Kawachiya S., Okuno T., Kobayashi T., Bodri D., Kato O.
  • ・Short-term, low-dose, Non-steroidal anti –inflammatory drug application diminishes premature ovulation in natural-cycle IVF. Reproductive biomedicine online.2012; 24(3): 308-13 /Kawachiya S., Matsumoto T., Bodri D., Kato K., Takehara Y., Kato O.

和文論文

  • ・高齢女性の不妊症治療
    母子保健情報. 66:23-28. 2012
    竹原祐志、勝股克成
  • ・ICSI時の精子選択法として、IMSI及びHBAを用いた際の精子DNA損傷化率の評価
    日本受精着床学会誌. 29 (1): 9-12. 2012
    上野 智、内山一男、加藤恵一、勝股克成、福田淳一郎、竹原祐志、加藤 修
  • ・高齢者のIVF治療成績.
    日本受精着床学会誌. 29 (1): 48-51. 2012
    勝股克成, 河内谷敏, 阿部崇, 和田恵子, 福田淳一郎, 篠原一朝, 奥野隆, 小林保, 末吉智博, 加藤恵一, 竹原祐志, 瀬川智也, 寺元章吉, 長田尚夫, 加藤 修
学会発表

国際学会、国際シンポジウム
1) 招待講演、シンポジスト講演
なし
2)一般発表
68th ASRM Annual Meeting (San Diego, California)

  • ・Oocyte retrieval scheduling based on the occurrence of spontaneous LH surge during natural cycle IVF treatment: a retrospective analysis of 1138 cycles from a single center . / Bodri D., Kawachiya S., Kato R., Matsumoto T.

国内学会
1)招待講演
なし

2)一般発表
第57 回日本生殖医学会総会・学術講演会(長崎)

  • ・高齢不妊患者の治療終結と卵巣機能について /勝股克成, 河内谷敏, 松本恒和, 和田恵子, 阿部崇, 福田淳一郎, 篠原一朝, 奥野隆, 小林保, 山崎裕行, 土山哲史, 青山直樹, 竹原祐志, 加藤恵一, 加藤修

【平成23年(2011年)】

論文発表(英文)
  • ・Blastocyst culture is associated with an elevated incidence of monozygotic twinning after single embryo transfer. Fertil Steril. 95(6):2140-2, 2011 /Kawachiya S., Bodri D., Shimada N., Kato K., Takehara Y., Kato O.
学会発表

国際学会、国際シンポジウム
なし
2)一般発表
Europian Society of Human Reproduction and Embryology (ESHRE) 27th Annual Meeting (Stockholm, Sweden)

  • ・Short-term, low dose, post-trigger nonsteroidal anti-inflammatory drug application improves the outcome of natural cycle IVF /Kawachiya S., Matsumoto T., Bodri D., Kato K., Takehara Y., Kato O.

Translational Medical 時代の不妊治療:研究と実践 (西安、中国)

  • ・Frozen embryo transfer (FET) protocol at Kato Ladies Clinic /Kawachiya S.

国内学会
1)招待講演・シンポジウム
第29回 日本受精着床学会総会・学術講演会 (京王プラザホテル, 東京 9月)

  • 不妊治療の臨床成績に及ぼす加齢の影響-加齢による不妊治療の限界について-
    勝股克成

2)一般発表
第56 回日本人類遺伝学会・第11 回東アジア人類遺伝学会共同大会(幕張メッセ)

  • ・着床前診断を経て妊娠出産した二重の均衡型相互転座保因者夫婦の一例 /黒田知子、竹原祐志、青山直樹、川崎奈美、三宅秀彦、山寺里枝、河内谷敏、加藤恵一、加藤修

第56 回日本生殖医学会総会・学術講演会(横浜)

  • ・自然周期採卵での変性卵症例の後方視野的検討 /福田淳一郎、加藤恵一、阿部崇、奥野隆、勝股克成、小林保、篠原一朝、和田恵子、会田拓也、河内谷敏、谷田部典之、山崎裕行、長田尚夫、竹原祐志、加藤修

第143 回日本生殖医学会関東地方部会(東京)

  • ・着床前診断正診率向上に関する検討-FISH プローブに用いるBAC クローンのサイズと蛍光強度の比較- /青山直樹、竹原祐志、黒田知子、山寺里枝、鈴木智子、佐野千晶、河内谷敏、加藤恵一、加藤修
  • ・高齢不妊患者に対するDay5〜Day8 採卵の臨床成績 /篠原一朝、土山哲史、加藤恵一、福田淳一郎、和田恵子、谷田部典之、河内谷敏、勝股克成、奥野隆、小林保、長田尚夫、竹原祐志、加藤修

【平成22年(2010年)】

学会発表

国際学会、国際シンポジウム
1) 招待講演、シンポジスト講演
The 3rd World Congress on Mild Approaches in Assisted Reproduction (Kanagawa, Japan)

  • ・”Case report: Efficacy of Mild stimulation and single vitrified blastocyst transfer of Preinplantation Genetic Diagnosis(PGD)-Why do we need so many oocytes?”/Aoyama N., Takehara Y., Kawachiya S., Kuroda T., Kawasaki N., Yamadera R., Suzuki T., Kato K., Kato O.

The international Consensus Meeting on Embryo Transfer and the Pre-Congress Workshop on intrauterine insemination (Lavasa, India)

  • ・”15 years’ history of minimal stimulation IVF protocol in KLC”/Kawachiya S., Kato O.

2)一般発表
The 10th World Congress of A-PART (Las Vegas, United States)

  • ・”A simple and efficient method of blastomere fixation for Preimplantation Genetic Diagnosis(PGD) for Interphase FISH.”/Aoyama N., Takehara Y., Kawachiya S., Kuroda T., Kawasaki N., Yamadera R., Suzuki T., Kato K., Kato O.
  • ・”A new approach to Preimplantation Genetic Diagnosis(PGD) with mild stimulation and single vitrified blastocyst transfer. Case Report”/Takehara Y., Aoyama N., Kawachiya S., Kuroda T., Kawasaki N., Yamadera R., Suzuki T., Kato K., Kato O.

26th Annual Meeting of the Europian Society of Human Reproductin and Embryology (Roma, Italy)

  • ・”Clinical results and managements for natural cycle IVF”/Kato K., Segawa T., Kawachiya S., Okuno T., Kobayashi T., Takehara Y., Kato O.
  • ・”Application of mild stimulation and single blastocyst transfer with vitrification in Preimplantation Genetic Diagnosis(PGD) cycles: Case Report”/Aoyama N., Takehara Y., Kawachiya S., Kuroda T., Kawasaki N., Yamadera R., Suzuki T., Kato K., Kato O.

20th IFFS World Congress on Fertility and Sterility (Munich, Germany)

  • ・”Frozen-thawed single blastocyst transfer achieve high pregnancy rates concurrently low multiple gestation”/Kato K., Kawachiya S., Okuno T., Kobayashi T., Osada H., Takehara Y., Kato O.

国内学会
1)招待講演
第55 回日本生殖医学会総会・学術講演会(徳島)

  • ・凍結胚移植における経口エストロゲン製剤の臨床的意義/河内谷敏
    第28回日本受精着床学会総会学術講演会(横浜)

  • ・加齢による不妊治療の限界について考える<年齢別妊娠率、採卵回数別妊娠率、分割胚獲得率から>
  • 勝股克成、瀬川智也、河内谷敏、竹原祐志、加藤恵一、加藤 修

2)一般発表
第15 回日本臨床エンブリオロジスト学会(東京)

  • ・当院における胚盤胞発生速度と出生時性別比率の検討 /川島あゆみ、福原美佐紀、磯村尚子、河島一三、森田大、加藤恵一、河内谷敏、小林保、竹原祐志、加藤修
  • ・胚の発育速度によるd2ET の妊娠率の検討 /大井和美、須鎌千和、伊藤基樹、河島一三、森田大、加藤恵一、河内谷敏、小林保、竹原祐志、加藤修

第28 回日本受精着床学会総会・学術講演会(横浜)

  • ・NSAIDs 使用下に自然周期採取した卵の受精率、妊娠率の検討 /河内谷敏、松本恒和、和田恵子、谷田部典之、長田尚夫、加藤恵一、竹原祐志、加藤修
  • ・精巣精子回収術(TESE)施行後の精巣内の生殖細胞の鑑別 /青野文仁、桑山正成、河島一三、森田大、瀬川智也、河内谷敏、長田尚夫、竹原祐志、加藤恵一、加藤修
  • ・体外受精・胚移植により妊娠、出産した母児の追跡調査の試み /阿子島晴美、坂元みどり、青山直樹、谷田部典之、河内谷敏、小林保、加藤恵一、竹原祐志、加藤修
  • ・自然周期採卵でのNSAIDs による排卵コントロール /松本恒和、河内谷敏、和田恵子、谷田部典之、長田尚夫、加藤恵一、竹原祐志、加藤修

日本人類遺伝学会第55 回大会(大宮)

  • ・習慣流産に対する着床前診断(PGD)において陽性と診断された廃棄胚のFISH を用いた再解析(症例報告) /青山直樹、竹原祐志、黒田知子、川崎奈美、山寺里枝、鈴木智子、河内谷敏、加藤恵一、加藤修

第55 回日本生殖医学会総会・学術講演会(徳島)

  • ・体外受精後の流産組織の絨毛染色体検査による染色体異常発生頻度についての検討 /河内谷敏、竹原祐志、青山直樹、黒田知子、加藤恵一、長田尚夫、加藤修
  • ・自然周期採卵、胚移植の成績に関する検討 /谷田部典之、加藤恵一、山崎裕行、会田拓也、和田恵子、篠原一朝、宮内修、奥野隆、小林保、河内谷敏、長田尚夫、竹原祐志、加藤修
原著論文・著書

ガラス化凍結法による胚盤胞凍結における至適凍結時期の検討

  • ・日本受精着床学会雑誌. 27(1):178-181, 2010 /加藤恵一、竹原祐志、河内谷敏、岩本佳子、沖村匡史、谷田部典之、和田恵子、宮内修、篠原一朝、奥野隆、瀬川智也、小林保、長田尚夫、加藤修

【平成21年(2009年)】

論文発表

和文論文

  • ・反復自然流産患者に対する体外受精成績の臨床検討-主席卵胞と非主席卵胞の比較-. 日本受精着床学会雑誌. 26(1): 98-101. 2009/宮内修, 竹原祐志, 奥野隆, 河内谷敏, 瀬川智也, 篠原一朝, 福田淳一郎, 和田恵子,
    谷田部典之, 宮内欣子, 勝股克成, 渡邊芳明, 山下直樹, 小林保, 加藤恵一, 加藤修
学会発表

国際学会、国際シンポジウム
1) 招待講演、シンポジスト講演
なし

2)一般発表
The International Ovarian Conference (Tokyo, Japan 12月)

  • ・“Efficiency of aromatase inhibitor letrozole in ovulation induction for infertile PCOS patient.”/S. Kawachiya, H. Osada, K. Kato, Y. Takehara, O. Kato

国内学会
1)招待講演
なし
2)一般発表
第14回日本臨床エンブリオロジスト学会(札幌医科大学, 北海道 3月)

  • ・クロミフェン周期により得られた胚盤胞の染色体解析 -余剰胚盤胞を用いた症例報告-/青山直樹, 川崎奈美, 山寺里枝, 黒田知子, 河内谷敏, 瀬川智也, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤修
  • ・凍結融解単一胚盤胞移植における移植日と胚盤胞サイズの検討/沖村匡史, 岩本佳子, 菊池理仁, 森田大, 加藤龍太郎, 青野文仁, 桑山正成, 河内谷敏, 瀬川智也, 竹原祐志, 加藤修
  • ・均衡型相互転座保因者に対する着床前診断による妊娠出産例の報告(症例報告)/川崎奈美, 青山直樹, 黒田知子, 山寺里枝, 河内谷敏, 瀬川智也, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤修

第61回日本産科婦人科学会総会・学術講演会(国立京都国際会館, 京都 4月)

  • ・GnRHアンタゴニスト単回投与法による新しい自然周期採卵法の開発/瀬川智也1, 福田淳一郎1, 和田恵子1, 宮内修1, 松本恒和1, 篠原一朝1, 河内谷敏1, 加藤恵一1, 竹原祐志1, 加藤修1, 阿部崇2, 長田尚夫3
    1) 加藤レディスクリニック、 2) 日本医科大学 産婦人科、3) 日本大学 医学部 産婦人科
  • ・クロミフェン周期IVF-ETのBMI別成績〜やせ傾向の女性は妊娠しにくい〜 The effect of BMI on the result of IVF -ET (stimulated cycle with clomiphene citrate) in women with normal ovulatory cycles./ 福田淳一郎, 瀬川智也, 藤田真紀, 藤田欣子, 谷田部典之, 勝股克成, 山下直樹, 奥野隆, 渡邊芳明, 小林保, 竹原祐志, 加藤修/li>

第27回日本受精着床学会総会・学術講演会(国立京都国際会館, 京都 8月)

  • ・当院における多胎妊娠防止への取り組み/谷田部典之, 瀬川智也, 藤田欣子, 福田淳一郎, 宮内修, 奥野隆, 河内谷敏, 小林保, 竹原祐志, 加藤修
  • ・Mild stimulationを用いた着床前診断による相互転座保因者夫婦の妊娠出産例の報告/青山直樹, 竹原祐志, 黒田知子, 川崎奈美, 山寺里枝, 河内谷敏, 瀬川智也, 加藤恵一, 加藤修

第12回日本IVF学会(紅陽グランドホテル, 宮城 9月)

  • ・凍結胚盤胞移植におけるLAH(LASER ASSISTED HATCHING)の有用性/福原美佐記, 森田大, 伊藤基樹, 川島あゆみ, 加藤恵一, 河内谷敏, 竹原祐志, 加藤修

日本人類遺伝学会第54回大会(グランドプリンスホテル高輪, 東京 9月)

  • ・着床前診断による相互転座保因者夫婦の妊娠出産例の報告/黒田知子, 青山直樹, 竹原祐志, 川崎奈美, 山寺里枝, 鈴木智子, 河内谷敏, 瀬川智也, 加藤恵一, 加藤修

第54回日本生殖医学会総会・学術講演会(石川県立音楽堂・ANAクラウンプラザホテル金沢, 石川 11月)

  • ・加齢による子宮内膜厚の変化とIVF成績への影響に関する検討/瀬川智也, 加藤恵一, 福田淳一郎, 和田恵子, 篠原一朝, 谷田部典之, 宮内修, 宮内欣子, 河内谷敏, 勝股克成, 渡邊芳明, 奥野隆, 長田尚夫, 小林保, 竹原祐志, 加藤修
  • ・自然周期採卵のマネージメントとその治療成績/加藤恵一, 福田淳一郎, 和田恵子, 篠原一朝, 谷田部典之, 宮内修, 河内谷敏, 勝股克成, 瀬川智也, 渡邊芳明, 奥野隆, 小林保, 竹原祐志, 加藤修
  • ・体外受精におけるクラミジア感染の影響について/谷田部典之, 加藤恵一, 和田恵子, 宮内修, 篠原一朝, 瀬川智也, 河内谷敏, 奥野隆, 小林保, 竹原祐志, 加藤修
  • ・Mild stimulationを用いた着床前診断による相互転座保因者夫婦の妊娠出産例の報告/青山直樹, 竹原祐志, 黒田知子, 山寺里枝, 河内谷敏, 瀬川智也, 加藤恵一, 加藤修
  • ・当院におけるIVM-ICSIの臨床成績に関する有用性の検討/坂本恵美, 森田大, 加藤恵一, 河内谷敏, 竹原祐志, 加藤修

国内研究会、地方部会、シンポジウム、勉強会等
1)招待講演
第140回染色体研究会(信州大学, 長野 12月)

  • ・妻が逆位並びに均衡型相互転座を保因する反復流産患者に対するPGDのStrategy 46,XX,t(10;21)(q22.1;q22.3),inv(18)(p11.2q22.1)/青山直樹1, 竹原祐志1, 黒田知子1, 川崎奈美1, 東梅久子2, 山寺里枝1, 鈴木智子1, 河内谷敏1, 瀬川智也1, 加藤恵一1, 加藤修1
    1) 加藤レディスクリニック、 2) 虎ノ門病院

2)一般発表
第139回日本生殖医学会関東地方部会(杏林大学, 東京 2月)

  • ・自然周期IVFにおけるBMI別成績の比較検討/福田淳一郎, 瀬川智也, 和田恵子, 宮内修, 宮内欣子, 谷田部典之, 河内谷敏, 山下直樹, 勝股克成, 渡邊芳明, 奥野隆, 小林保, 竹原祐志, 加藤修
  • ・当院の不妊治療による多胎妊娠減少への取り組みについて/瀬川智也, 福田淳一郎, 和田恵子, 宮内修, 宮内欣子, 谷田部典之, 河内谷敏, 山下直樹, 勝股克成, 渡邊芳明, 奥野隆, 小林保, 竹原祐志, 加藤修

【平成20年(2008年)】

論文発表

英文論文

  • ・Adenomyosis in a patient with mosaic Turner syndrome: case report. Arch Med Sci 2008 4;1: 1-4./Kojima R., Nakagawa K., Ohgi S., Horikawa T., Kawachiya S., Saito H.

和文論文

  • 1.単一胚移植の年齢別成績とその有効性について. 日本受精着床学会雑誌. 2008 25;1: 149-152/河内谷敏, 藤田真紀, 仲條俊恵, 加藤恵一, 篠原一朝, 谷田部典之, 藤田欣子, 宮内修, 黒田知子, 渡邊芳明, 勝股克成, 瀬川智也, 奥野隆, 山下直樹, 小林保, 竹原祐志, 貝嶋弘恒, 加藤修
  • 2.単一胚移植Single Embryo Transferと多胎妊娠に関する臨床検討. 日本受精着床学会雑誌. 2008 25;1: 136-140/宮内修, 瀬川智也, 加藤恵一, 谷田部典之, 藤田欣子, 河内谷敏, 内田律子, 勝股克成, 末吉智博, 渡邊芳明, 山下直樹, 奥野隆, 小林保, 竹原祐志, 貝嶋弘恒, 寺元章吉, 加藤修
商業雑誌
  • 1.胚盤胞移植における一卵性多胎発生率に関する検討. 産婦人科の実際. 2008 57;5: 853-858/嶋田奈央子, 河内谷敏, 寺元章吉, 加藤修
  • 2.子宮内膜増殖症合併不妊症患者に対する内膜病変治療後の妊娠成績 症例対照研究. 産婦人科の実際. 2008 57;3: 591-596/加藤恵一(金沢大学 医学部産科婦人科学教室), 瀬川智也, 河内谷敏, 竹原祐志, 貝嶋弘恒, 寺元章吉, 加藤修, 野村一人, 井上正樹
学会発表

国際学会、国際シンポジウム
1) 招待講演、シンポジスト講演
なし

2)一般発表
European Society of Human Reproduction and Embryology (Barcelona, Spain 7月)

  • ・“Incidence of monozygotic twinning after single embryo transfers.”/Kawachiya S., Shimada N., Miyauchi O., Kato K., Segawa T., Okuno T., Takehara Y., Kato O.
  • ・“Letrozole with gonadotropin is more effective treatment for single ovulation and pregnancy in polycystic ovary syndrome patients.”/Segawa T., Miyauchi O., Shinohara K., Kato K., Kawachiya S., Takehara Y., Kato O.

American Society for Reproductive Medicine (San Francisco, USA 11月)

  • ・ “Incidence of dichorionic diamniotic twins after single blastocyst transfer.”/Kawachiya S., Shimada N., Kato K., Segawa T., Takehara Y., Kato O.

国内学会
1)招待講演
なし
2)一般発表
第60回日本産科婦人科学会学術講演会 (4月)

  • ・相互転座保因者に対する着床前診断による妊娠例の報告/竹原祐志, 奥野隆, 河内谷敏, 瀬川智也, 宮内修, 篠原一朝, 加藤恵一, 加藤修

第26回日本受精着床学会総会 (8月)

  • ・完全自然周期採卵、胚移植の成績/河内谷敏, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤修ほか
  • ・不育症に対する新しい見解-主席卵胞捕獲障害-/宮内修, 竹原祐志, 奥野隆, 瀬川智也, 河内谷敏, 篠原一朝, 加藤恵一, 加藤修
  • ・胚盤胞における最適ガラス化保存時期の検討/岩本佳子, 沖村匡史, 伊藤基樹, 加藤龍太郎, 桑山正成, 河内谷敏, 瀬川智也, 竹原祐志, 加藤恵一, 加藤修
  • ・高齢不妊患者卵子の発生能に関する研究(高齢患者のIVF治療の可能性)/沖村匡史, 伊藤基樹, 岩本佳子, 加藤龍太郎, 桑山正成, 河内谷敏, 瀬川智也, 竹原祐志, 加藤恵一, 加藤修
  • ・回収卵子個数別症例における卵子の発育脳について/伊藤基樹, 岩本佳子, 加藤龍太郎, 沖村匡史, 菊池理仁, 桑山正成, 加藤恵一, 河内谷敏, 瀬川智也, 竹原祐志, 加藤修
  • 第53回日本生殖医学会総会 (10月)

    • ・単一胚盤胞移植後の二絨毛膜性双胎の発生頻度/河内谷敏, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤修ほか
    • ・着床前の血中エストラジオールおよび血中プロゲステロンの最適値について 凍結胚盤胞移植周期による検討/山下直樹, 小林保, 奥野隆, 勝股克成, 渡邊芳明, 藤田欣子, 谷田部典之, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤修
    • ・低刺激採卵周期における回収卵子個数別卵子発生能についての検討/伊藤基樹, 沖村匡史, 菊池理仁, 森田大, 青野文仁, 桑山正成, 河内谷敏, 瀬川智也, 竹原祐志, 加藤恵一, 加藤修
    • ・分割胚移植における発育速度評価の有用性に関する検討/和田恵子, 瀬川智也, 福田淳一郎, 宮内修, 坂本恵美, 菊池理仁, 森田大, 内山一男, 山下直樹, 渡邊芳明, 勝股克成, 小林保, 河内谷敏, 竹原祐志, 加藤修
    • ・当院6年間における凍結胚盤胞移植の成績と安全性に関する検討/瀬川智也, 福田淳一郎, 和田恵子, 菊池理仁, 森田大, 桑山正成, 加藤恵一, 篠原一朝, 宮内修, 宮内欣子, 谷田部典之, 河内谷敏, 奥野隆, 竹原祐志, 加藤修
    • ・妊娠率向上のための胚盤胞単一胚移植方法の検討/沖村匡史, 菊池理仁, 森田大, 加藤龍太郎, 青野文仁, 桑山正成, 河内谷敏, 瀬川智也, 竹原祐志, 加藤恵一, 加藤修

    国内研究会、地方部会、シンポジウム、勉強会等
    1)招待講演
    Minimal Stimulation 研究会学術講演会(7月)

    • ・採卵における排卵誘起処理時期の検討/松本 恒和(新橋夢クリニック)

    2)一般発表
    日本生殖医学会関東地方会 (2月)

    • ・再凍結胚融解移植の有効性についての検証/菊池沙耶佳, 内山一男, 菊池理仁, 沖村匡史, 勝股克成, 瀬川智也, 竹原祐志, 加藤修

    日本生殖医学会北陸支部学術総会 (6月)

    • ・当院における凍結胚盤胞移植の成績について/瀬川智也, 篠原一朝, 宮内修, 宮内欣子, 谷田部典之, 河内谷敏, 竹原祐志, 加藤修, 加藤恵一

    第138回日本生殖医学会関東地方部会 (6月)

    • ・習慣流産に対する間期核FISHを用いた着床前診断での出産例の報告/山寺里枝, 青山直樹, 黒田知子, 川崎奈美, 鈴木智子, 河内谷敏, 瀬川智也, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤修