タイムラプスインキュベーター


インキュベーターとは、お預かりした胚を培養する体外受精において欠かせない機器のことです。胚にとって最も居心地の良いお母さんのお腹の中を体外で再現するようにデザインされています。
インキュベーターは機械工学・胚発生学・生殖補助医療技術の発展と共に進化し続け、胚にとってストレスのより少ない環境で培養できる様に進歩してきました。
神戸元町夢クリニックの培養室ではこの度、これまで掲げてきた「1つ1つの卵子を大切に」のコンセプトをより高いレベルで実現していく為に、インキュベーターを一新し、全ての胚をタイムラプスインキュベーターで培養することになりました。

従来型インキュベーターとタイムラプスインキュベーターの違い

これまで使用してきたインキュベーターとタイムラプスインキュベーターでは、大きく分けて2点が変わりました。
「観察方法の違いによる環境変化」と「観察によって得られる情報量」です。では、具体的にどのように変わるのかをご紹介いたします。

観察方法の違いによる環境変化

  • 従来型のインキュベーター
    写真を撮るために外出します。「写真の時間ですよ。」撮り終えたら部屋に戻ります
    決まった時間に胚をひとつずつインキュベーターから取り出して顕微鏡下で観察を行っています。この様に胚を取り出して直接観察する方法は、観察する度に微量ながらどうしても光・酸素・温度等の環境変化が起こってしまいます。
  • 最新型の
    タイムラプスインキュベーター
    部屋から出ずに撮影できるよ
    庫内にカメラが内蔵されており、24時間一定間隔で観察し続けることができます。そのため胚を外に出さずに済み、環境を変化させることがありません。
タイムラプスインキュベーターの特質
従来型に比べて毎日の環境変化をより少なく観察できることで、胚にとってストレスの少ない状態に保つことが出来ます。

また、最新型のタイムラプスインキュベーターでは扉の開閉時は隔離された状態にあり、対象の患者様の為だけの開閉となることで培養庫内の環境の変化を最小限までとどめることが出来ます。
これにより胚が受けるストレスを最大限まで軽減することができ、胚盤胞到達率・良好胚盤胞率の向上が期待できます。

観察によって得られる情報量

従来型のインキュベーター

決まった時間の観察時に写真を撮影し、その際に撮影した画像データで胚の成長を記録していました。

最新型のタイムラプスインキュベーター

24時間一定間隔で写真を撮影し続けているので、パラパラ漫画のように再生することで動画として確認できます。これにより受精の確認、分割を始めた時間、分割の仕方、胚盤胞になった時間等の胚の発育状況(適切な時期に規則的な成長をしているか)をより詳しく知ることが出来るようになりました。


こうした詳細な過程を考慮した最良な胚を選択できるようになることで妊娠率・出産率の向上、さらには流産率の低下が期待できます。

【図1】胎盤胞移植での妊娠率、出産率、流産率

更に、観察することが出来なかった時間帯の成長も記録できるようになったことで、得られる情報量が増え、様々な症例に対するアプローチの幅が広がります。