• シンボルマーク(こうのとり)

    当院のシンボルマーク、こうのとりです。皆様の”夢”を叶えられるよう努めていきたいと思っております。

  • 総合受付・待合ロビー

    総合受付・待合ロビーです。

  • 診察室/問診室

    初診の方には今後の治療方法や当院の方針を医師よりお話しします。治療中の方は、その経過をお話ししたり、胚移植前のお話もこちらで行ないます。 移植する卵の状態や、移植方法、これまでのデータから妊娠の可能性がどの程度なのか等、培養技師からご説明いたします。

  • 内診室

    生理が始まり排卵が近づくにつれて卵胞(卵)は成長していきます。ここではその経過を超音波装置で確認します。 患者様側からもその様子が確認できる様に専用モニターを設けています。

  • 採血コーナー

    当院の治療は自然周期体外受精を中心に行っているため、日々変化する各ホルモン値が非常に重要な診療指標となってきます。こちらで採血を行ない、隣接する検査室ですぐに測定を行ないます。

  • 検査室

    最新の測定機器を導入し、各ホルモン値を迅速に測定、すぐに今後の治療方針に反映できる体制を取っています。

  • オペ室

    採卵や胚移植はこちらで行ないます。患者様には採取した卵や移植する胚をモニターでご覧いただけます。 採卵、胚移植ともに数分で終了します。

  • リカバリールーム

    採卵、胚移植後に休んで頂くお部屋です。通常、採卵後は20分〜1時間の安静で帰宅できます。 採卵針の改良を重ねた結果、痛み、出血も少なく採卵が出来るようになり、早期帰宅が可能になりました。 胚移植後も通常20〜30分の安静で帰宅可能ですが、胚移植方法によっては2〜3時間の安静が必要な場合もあります。

  • 培養準備室

    ここでは精液検査、体外受精のための精子精製を行ないます。

  • クリーンルーム(培養室)

    採卵、採精によって得られた卵と精子を体外受精、顕微授精する無菌室。それぞれの卵に適応した環境をつくるために、光、温度、湿度が制限されています。そして、得られた胚(受精卵)はここで2日〜1週間成長し、移植をむかえます。